保険診療

主な保険診療科目

・骨折・脱臼・打撲・捻挫・肩の痛み※・腰の痛み※・突き指・ムチウチ・急性的な筋肉痛・関節の痛み など

外傷(捻挫・打撲・骨折・脱臼等)について保険診療を行っております。

整形外科では主に外科的手段、薬品の投与等で治療を行いますが、切らなくても良い症状や必要以上の薬を処方される場合もあります。
接骨院では本来持っている自分で治す力(自然治癒力)というすばらしい能力を柔道整復師の施術によって最大限に引き出し、捻挫・打撲・骨折・脱臼等の外傷の回復力を早めることが最大の特徴といえます。

外傷(ケガ、スポーツ損傷)療法


一般的なケガ(足首の捻挫、肉離れなど)や様々なスポーツ時に発生する損傷に対して措置を行います。
X線(レントゲン)撮影は提携の病院で行います。

手技療法


各種テクニックを使い、症状に合わせて施術します。
・柔整マッサージ・筋肉調整・スタティックストレッチ・IDストレッチ・関節モビリゼーション・AKA

テーピング療法


筋肉を保護したり、痛みの軽減の為、キネシオテープやスパイラルテープを用いて処置します。
・固定タイプ・サポートタイプ・ホワイトテープ・キネシオテープ・スパイラルテープ

電罨法・温冷罨法


物理療法として電気を通電したり、暖めたり冷やしたりすることによって、腫れや痛みを軽減していきます。骨折や捻挫などの外傷後の痛みや、筋肉の過度緊張など、血行促進や症状の緩和を行います。
※詳しくは当院にお問い合わせください。

よくある質問

ただいまお客様からの声を掲載準備中です
テキストテキストテキストテキストテキストテキスト
テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
テキストテキストテキストテキストテキストテキスト
テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト