側弯症について

側弯症とは

背骨が左右に湾曲した状態になる症状を、側弯症と呼んでいます。場合によっては、背骨自体がねじれてしまうこともあるでしょう。一般的には小児時期に脊柱変形がみられる症状をさしています。

具体的な症状

 

具体的には左右の肩の高さが違ったり、肩甲骨の突出、腰の高さが非対称であったり、前かがみをした姿勢で後ろから背中を見たときに、ろっ骨や腰の部分の隆起などの変形が見られます。

 

症状が進行した場合には、腰や背中に痛みを感じたり、心肺機能が低下することもあるため注意が必要です。

 

原因としては6割から7割が原因不明だと言われていますが、そのほかの原因は先天性のものや、神経や筋の異常によるものがあげられます。

側弯症については当院にお任せ下さい!

 

弯曲の症状が進行する前に診断されて、治療を開始する早期発見、早期治療が求められる病気です。そのため学校での検診も行われていますが、治療方法は原因や症状の程度、年齢等によっても異なります。

 

特に背骨の成長期にあたる思春期には悪化する傾向が高いので、あまりにも進行するようであれば手術による調整が必要になることもあります。

 

このように重症化する前にまずは、秋葉原昭和通り接骨院にお任せ下さい! スタッフ一同、丁寧な施術で患者様お一人お一人に合った施術を行っております。 一人で悩まずに当院にお気軽にご相談下さい。心よりお待ちしております!

よくある質問

ただいまお客様からの声を掲載準備中です
テキストテキストテキストテキストテキストテキスト
テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
テキストテキストテキストテキストテキストテキスト
テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

秋葉原昭和通り接骨院のお問い合わせ

院名 秋葉原昭和通り接骨院
住所 〒101-0033
東京都千代田区神田岩本町1−1
診療時間 平日 【平日午前】 10:30~14:00
【平日午後】 16:00~20:30
診療時間 土日祝 【土日祝】 10:30~18:00

Google Map

メールお問い合わせ