秋葉原昭和通り整骨院 HOME > 脊柱菅狭窄症

脊柱菅狭窄症について

脊柱菅狭窄症とは

脊柱管狭窄症は、腰痛の原因になることの多い疾患です。加齢にしたがって発症しやすくなることが知られています。 ヒトの脊椎の中には脊柱管と呼ばれる管状の空洞があり、その中に脊髄などの神経組織が納められています。

この管は本来であれば神経を保護する役割を果たしているのですが、何らかの原因で口径が狭くなると、逆に神経を圧迫してしまいます。この圧迫によってさまざまな症状が引き起こされるのが、脊柱管狭窄症です。

脊柱菅狭窄症の症状

脊柱管狭窄症の代表的な症状は、間欠性跛行です。これは、安静にしている間は特別な自覚症状がないが、歩いていると下肢に痛みやしびれが感じられ、立ち止まったり腰を下ろして休んだりすると再び治まるというものです。

この症状は、腰椎部分の脊柱管が狭くなったことで起こります。 また、腰椎に比べると発症例は多くありませんが、頸椎部分の脊柱管が狭くなることもあります。この場合は、上肢のしびれや首の痛みなどが主な症状となります。

脊柱菅狭窄症の原因

脊柱管狭窄症の原因はいくつかありますが、最も多いのは老化です。経年変化によって椎骨が肥大したり、椎骨と椎骨の間にある椎間板が膨らんだりすることで管が徐々に狭くなっていきます。その他、重いものを持ち上げる動作を繰り返すことが原因になることもあります。

脊柱菅狭窄症でお悩みなら当院にお任せ下さい

脊柱菅狭窄症は、背筋を伸ばすと強い痛みを引き起こします。通常の生活をしていく上では非常につらいものとなる為、早期の治療が大切になります。脊柱菅狭窄症でお悩みなら当院にお任せ下さい。ご来院を心よりお待ちしております。

よくある質問

ただいまお客様からの声を掲載準備中です
テキストテキストテキストテキストテキストテキスト
テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
テキストテキストテキストテキストテキストテキスト
テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

秋葉原昭和通り接骨院のお問い合わせ

院名 秋葉原昭和通り接骨院
住所 〒101-0033
東京都千代田区神田岩本町1−1
診療時間 平日 【平日午前】 10:30~14:00
【平日午後】 16:00~20:30
診療時間 土日祝 【土日祝】 10:30~18:00

Google Map

メールお問い合わせ